スタッフブログ

無料外壁診断 お問い合わせ

新着情報・チラシ情報

安心10年保証

料金について価格表

外壁塗装 45.8万円~

屋根塗装	16.8万円~

施工事例

お客様の声

強さの秘密

スタッフ紹介・職人紹介

アパート・マンションオーナーの皆様へ!

スタッフブログ

会社概要

株式会社平松建工

〒4477-0031
愛知県東海市大田町畑間71-1 2F
フリーダイヤル:0800-200-2800
TEL:0562-38-7080
FAX:0562-38-7081
営業時間 9:00~18:00


-関連会社-

有限会社リフォームウィング

〒477-0031
愛知県東海市大田町畑間71-1
TEL:0562-36-1820
FAX:0562-36-1821

リフォームウィング

住宅保証機構

BLOG

2017/07/20ハウスメーカーの施工について(1) 〜パッキン〜

 

ハウスメーカーの施工について

 

​積水ハウスやセキスイハイム、トヨタホームなど、ハウスメーカーの家には少し特殊な部材を使っている場合があります。

 

​そのため、塗装をする際には下地処理をしっかりとやる必要があり、それを怠ると不具合が出てくる可能性があります。

 

​ハウスメーカーの施工の注意点は2つです。

①パッキン(目地部分)の下地処理

​②塩ビ(塩化ビニル)の下地処理

 

 

 

 

 

①パッキンの下地処理

​ハウスメーカーの外壁の目地には、パッキンと呼ばれる通常のシーリング材よりも硬いものがはめ込まれています。

​このパッキン自体は基本的にメンテナンスフリーで交換の必要がないため、この上から塗装をかけていきますが、しっかり下地処理をしないとブリードという不具合が起きます。

​ブリードとは、パッキンの上に塗装をしたときに、パッキンの中の可塑剤というものが浮き出てくる現象の事で、これが起こると表面がベタベタになってしまい、そこに埃・汚れが付くため目地部分だけ黒く汚くなってしまいます。

​これを起こさないために、パッキン目地には可塑剤移行防止プライマーを塗ります。

目地が通常のシーリング材でなくパッキンの場合は、この可塑剤移行防止プライマーを使うのか必ず確認しましょう。

 

塗装屋ひらまつがあなたの大切なお住まいを守ります。

お問い合わせ

お問い合わせ